今回は、地元の祭りの話題について少々。


私が住む長崎には江戸時代から連綿と継承されてきたお祭り「長崎くんち」というお祭りがあります。



毎年10月の7日、8日、9日の三日間、諏訪神社という神社で奉納されます。



この長崎くんち、本番の鑑賞席が毎年6月ごろだったでしょうか?諏訪神社で売り出されるのですが速攻で毎年完売で、なかなか一般の方はチケットが入手しにくいのが現状のようです。



よく聞くのは、チケットを取るために大学生のアルバイトを雇って徹夜で並ばせるような話は昔から聞いていました。



それほど、希少なチケットを多くの人がしゃかりきになって争奪戦をくりひろげているわけです。




「長崎くんちの練習見学のすすめ」続きを読む
スポンサーサイト